Home » 平成29年10月1日(日)経木供養所「八角堂」落慶法要

平成29年10月1日(日)
経木供養所「八角堂」落慶法要が執り行われます。

昨年より作業を続けてまいりました当山経木供養所「八角堂」が、皆様からの瓦のご奉納やご寄進、甚深なるご協力を賜りまして無魔完成し、来る平成29年10月1日(日)に、落慶法要を執り行う事となりました。
当日は稚児行列も参加して、職衆が境内を練り歩く、盛大な法要となりますので、堂宇完成の厳儀に是非ご参拝下さい。
また、ご詠歌の詠唱のほか、ギタリスト・小馬崎達也氏の奉納演奏もお聞き頂きます。
尚、椅子席には限りがありますので、立ったままでの参拝になる場合もありますのでご了承下さい。

日時
平成29年10月1日(日) 午前11時 開白
場所
須磨寺 経木供養所 「八角堂」

小馬崎達也(ギタリスト、久乘編鐘奏者、作曲家)

Tatsuya Koumazaki
( Guitarist , Kujo-hensyorist ,Composer )

自然の持つエネルギー感や、世界各地の民族音楽研究の成果を反映した楽曲を創作。八ヶ岳山麓在住。自然の持つエネルギー、そして世界各地の民族音楽との触れ合いを元にした創作活動。
西洋弦楽、日本伝統楽器、アジア伝統楽器、仏教音楽(天台寺門聲明、真言聲明、天台聲明、浄土聲明)、アンデス民謡、バリ民族音楽、中近東音楽、舞踏などと共演。
自分の中から生まれた音、これまでに培った西洋の音、新たに体験した民族の音、そして自然との融合の音を目指す。
'91年より小馬崎達也&PANGAEA <パンゲア> を主宰し活動を始める。

活動は、日本だけに留まらず、アジアではインドネシア・バリ、ヨーロッパでは、チェコ、ポーランド、イタリア、チュニジア他、南米では、ペルー、ボリビアなど各国に渡っている。
正式な仏教の法要(天台宗、真言宗、天台寺門宗)で、聲明と共に演奏が執行われている。

(公式HPより)